• News | Nov.09.2017

  • 第八回続・味噌作りバスツアー開催!1日目




  • 台風22号が接近する中、先日 第八回「続・本当の手前味噌を作ろう!の旅」バスツアーが開催されました。今回のリポーターあべです。小学4年生の娘と一緒に初めて参加させていただきました。春に蒔き育った大豆。今回は刈り取って乾燥させた大豆を脱穀する プラス!さつま芋堀りやりんご狩りを楽しもうという贅沢体験ツアー!娘と一緒にわくわく楽しみにしていました♪ しかし台風の影響で朝からあいにくの曇り空 ... 中条の天気予報では夕方から雨とのことで、日頃の行いがよいはず(自称)の参加者全員で祈りながら道の駅中条へ。「・・おお~!!」参加者一同を出迎えてくれたのは、雪化粧をした素晴らしい北アルプスの山々でした。曇り空の下でしたがとても美しくて感動です。まだ雨は大丈夫そうでホッと一安心☆ まずは村のお母さんたちが作る「むらの駅つくし」でおいしい手打ちの肉うどんをいただきました。手打ちのコシと優しいお出汁が最高です。

  • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Nov.09.2017

  • 第八回続・味噌作りバスツアー開催!2日目


  • 2日目、とってもおいしい朝ごはんと、真さん&先生との楽しいおしゃべりでスタートです。お二人の会話は漫才のように絶妙です。こちらではカメムシの事を「へっぴりさん」「へっぴり虫」と呼ぶそうで、その臭さの話題から実際に匂いを嗅いでみて「くっさ〜〜い!」と大盛り上がり。大爆笑の朝でした。深夜にはものすごい雨の音がしていましたが、朝はそれほどひどくありませんでした。

  • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Oct.23.2017

  • 特別編・古民家リフォーム見学バスツアー開催!
    1日目



  • 思い思いの朝を迎えた二日目の朝は、朝風呂を楽しんだり盛りだくさんの朝食を頂いたり。「やきもち家」に別れを告げて、長野県の県指定天然記念物にも指定されている日下野杉を見に大内山神社へ出発しました。くねった参道を登り切ったところにそびえ立つ日下野杉は40メートル近いとか。てっぺんを隠すように拡がる枝のおかげで、どれくらい大きいかを下からはっきりと確かめることはできませんでしたが、見るもの圧倒の迫力でした。杉見学のあとはなめこ収穫体験へ。

  • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Oct.23.2017

  • 特別編・古民家リフォーム見学バスツアー開催!
    2日目




  • 先日、第七回よ〜いとバスツアー「古民家リフォーム見学」が開催されました。味噌づくりは1回お休みして、今回は特別編。特派員のいとうです。朝から渋滞に巻き込まれてしまいましたが、着いた中条は晴天のツアー日和。もしかしたら寒いかも…と東京から用意してきた上着を早々にしまい込むくらい、暖かい日でした。まずはお昼の腹ごしらえ。「田舎カフェ」にておなじみのおやきと、それぞれ野菜ラーメンとうどんを頂きました。残念ながら、今回は見られなかったのですが、雲が晴れると北アルプスが一望できる田舎カフェでは、私たちのほかに地域の方々で賑わっていて、憩いの場になっているようでした。お昼ごはんのあとは早速古民家見学へ。

  • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Sep.13.2017

  • 第六回続・味噌作りバスツアー開催!1日目



  • 先日、第六回「続・本当の手前味噌を作ろう!の旅」バスツアーが開催されました。バスガイドのあごうです。今回のバスツアーのテーマは、「28年度仕込み味噌お披露目&ジビエBBQ」です。ついに去年一年かけてバスツアーで作った手前味噌のお披露目会と中条ならではの新鮮なジビエ料理です!この日の中条も、お天気に恵まれ、味噌作りの講師・静子さんも元気いっぱいに迎えてくださいました。まさかの裏ピース!若い!こっちで流行ってるんでしょうか。次回聞いてみようと思います。まずは、第五回で大豆とさつまいもの種を植えた畑に向かいます。何もなかった畑には一面青々とした葉が!しかし、今年は雨が多かったため作物の育ちが悪く、予定していた枝豆の収穫はできませんでした。収穫できないのは残念ですが、それと同時に「お天道様の言う通り」という言葉があるように、都会では感じることのできない本来の自然の中での生き方を感じるありがたい体験でした。何でも思い通りになってしまっている都会の暮らしを再認識しました。収穫はできませんが、畑仕事は絶えずあります!

  • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Sep.13.2017

  • 第六回続・味噌作りバスツアー開催!2日目



  • 二日目は、去年に続き今年も、早朝から和尚さんに「座禅」をつけて頂きました。なかなか体験することがないので、とても楽しみでした。やり方は、あぐらをかき、目は半眼といって、見開かず細めず自然に開き、視線はおよそ1メートル前方、約45度の角度におとし始めます。和尚さんから有難い説法も聞くことができました。臥雲院(がういん)のお寺は、曹洞宗で、普段の生活を大切にするお寺だそう。静と動を大切にする、例えばもくもくと掃除、仕事をする、思うことをやったりするなど、体の動きと心の動きを大切にしています。曹洞宗の静というのが、座禅ということだそう。座禅を通して、これからだったり今までだったりを考えることをスルーする、考えないということ、心を整えることをしてくれます。一中=お線香一本分=だいたい40分。寝てる時の状況とも違って、思ってることを流してやって、その中で見つめることができる。心のゆとりをつくっていく動作。何回も何回もやって、整えていく。一回やそこらではできないが、自分の日常の生活の中で休まる時間をつかんでもらえたらとお話いただきました。体の中と心の動き思うことをやったりとかいろんな邪念が頭をよぎったり(笑)、足が痺れてきたりとなかなか無の境地になるのは今年も難しかったです。

  • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Aug.16.2017

  • 第五回続・味噌作りバスツアー開催!1日目



  • 先日、第五回「続・本当の手前味噌を作ろう!の旅」バスツアーが開催されました。バスガイドのあごうです。味噌作りバスツアーは、二年目を迎えることができました!豆まきから収穫、味噌作りまで、味噌作りの工程を最初から最後まで体験できる貴重な機会なので、ぜひたくさんに方に体験していただけると嬉しいなと思う今日この頃です。さて、第5回目バスツアーのテーマは、最初の工程、「手前味噌の豆をまく」です。この日の中条は、お天気に恵まれ、味噌作りの講師・静子さんも元気いっぱいに迎えてくださいました。今年は、味噌、枝豆それぞれに適した大豆の他に、さつまいもの苗も植えました。静子さんに手ほどきいただきながら植えていきます。さつまいもは、種ではなく、苗を植えます。苗から芽が出てさつまいもができ、またそのさつまいもから苗ができるという、循環食物だそうです。毎回、当たり前の中に、知らなかった大発見がたくさんあります。

  • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Aug.16.2017

  • 第五回続・味噌作りバスツアー開催!2日目



  • 二日目は、恒例の「虫倉山登山」です!子供も登れる山と聞いて登ると、普段山登りに慣れてない私たちにはとても急な山道でした汗。木の棒をツエにして登っていきます。山岳隊のみなさんに導いていただきながらの登山です。山の植物は知らないものばかり。山岳隊のみなさんに山のことを教えていただきながら歩きます。普段こんな体験はなかなかできないので、とってもありがたいです。

  • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Feb.15.2017

  • 第四回味噌作りバスツアー開催!1日目



  • 先日、第四回「本当の手前味噌を作ろう!の旅」バスツアーが開催されました!バスガイドのあごうです。4回にわたって開催してきたバスツアーも今回が最後となります。第4回は、いよいよ最後の仕上げ「手前味噌を仕込もう!」です。 中条は一面、綺麗な雪景色でした!中条に到着後のお昼ご飯は、恒例の地元のお野菜を使ったお漬物、醤油豆を具にして中条で獲れたお米で手作りおにぎりです。毎回、中条のお漬物にみなさん大興奮です。やはり手作りの味は一味違いますね。前回収穫した柿を塩漬けにしたデザートもいただきました。4ヶ月前に収穫した柿がまだ食べれるなんて。雪国ならではの保存食の知恵ですね。さぁ、腹ごしらえした後は、お待ちかねの味噌作りです!前回収穫したお豆たちはどんな姿になるのでしょうか・・・!

  • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Feb.15.2017

  • 第四回味噌作りバスツアー開催!2日目


  • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Dec.04.2016

  • 第三回味噌作りバスツアー開催! 1日目


  • 先日、第三回「本当の手前味噌を作ろう!の旅」バスツアーが開催されました!バスガイドのあごうです。いよいよ待ちに待った第一回目に植えた大豆の収穫です!今回も楽しいイベントが盛りだくさんです。 中条の山々は綺麗な紅葉姿で待っていてくれました!まずは、中条に到着後のお昼ご飯、地元のお野菜を使ったお漬物、醤油豆を具にして中条で獲れたての新米で手作りおにぎりです。もう一つのとびきりメニューが、この日も元気いっぱいだった静子さん(味噌作りの講師)お手製のまめったい汁!豆がコロコロすることからまめったい汁と名付けられたそう。語源は、まめったい人などと使われる方言で、「よく働く」や「マメな人」などを意味するそうです。豆がたくさん入ったお味噌汁のようなお汁なのですが、今回は体が温まるように豆板醤でピリ辛味に寒い季節にぴったりな体が温まるよう豆板醤でピリ辛味に。寒い季節にぴったりの優しいおもてなしに、心も体もホカホカになりました。自然の中で頂くおにぎりとまめったい汁は、何度もおかわりしてしまう美味しさでした。さぁ、腹ごしらえした後は、お待ちかねの収穫です!夏に見た畑はどんな景色になっているでしょう・・・!

  • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Dec.04.2016

  • 第三回味噌作りバスツアー開催! 2日目


  • 二日目の朝は、脱穀作業に行く道中に、柿狩りをさせていただきました。この時期の中条は、あたり一面オレンジ色の柿の木でいっぱいでした。知らなかったのですが、世の中の90%は渋柿だということで、味見をしてみたところ、すっごくすっごく渋いというか食べ物じゃない味でした。干したり、焼酎につけたりして甘みを出すそうです。ここでもまた昔ながらの知恵が使われています。どうやってそうゆう発想が出たんだろうろといつも感心してしまいます。

  • READ MORE 詳しくはこちら

    • News | Oct.17.2016

    • 第二回味噌作りバスツアー開催! 1日目




    • 先日、第二回「本当の手前味噌を作ろう!の旅」バスツアーが開催されました!バスガイドのあごうです。 第2回目は、「枝豆収穫とジビエバーベキュー」でした。前回に比べ参加者の方も増え、賑やかな二日間 となりました。まずは、中条に到着後、荷物をおろしに今回の宿泊先である、七百年の歴史を持つ曹洞宗 の古刹・臥雲院(がういん)のお寺へ移動。たくさんの見所があるお寺で、敷地の 7 箇所に要石や風穴など の七不思議を伝承していたり、門前には樹齢 600 年の巨木があります。根本から3mぐらいの所で3本に分 かれているため「三本杉」と呼ばれています。今から 168 年前に善光寺地震の災害で地滑りし、自然の力で 180m も移動して今の形になったのだそう。

    • READ MORE 詳しくはこちら

  • News | Oct.17.2016

  • 第二回味噌作りバスツアー開催! 2日目


  • 二日目は、早朝から和尚さんに「座禅」をつけて頂きました。なかなか体験することがないので、とても 楽しみでした。やり方は、まず最初に、写真奥にある聖僧 ( しょうそう ) 様に合掌して一礼をし、聖僧様の 後ろを通ってそれぞれの位置につきます。あぐらをかき、目は半眼といって、見開かず細めず自然に開き、 視線はおよそ1メートル前方、約45度の角度におとし、心を落ち着かせて自我を捨て、無の境地を目指し ます。目をつむると眠気を誘うので、目は閉じないように。なかなか無の境地にはなれず、いろんな邪念が 頭をよぎりました(笑)。最後に和尚さんから一人ずつ、肩に一喝!を入れて頂きました。この後、お寺 と自分たちの泊まったお部屋を掃除して、身も心も洗われたような気持ちになり臥雲院をあとにしました。

  • READ MORE 詳しくはこちら

    • News | Jul.21.2016

    • 第一回味噌作りバスツアー開催!

    • *味噌作りの名人:滝沢 静子さん

      *5月種まき風景(第1回目ツアー)

      先日、第一回「本当の手前味噌を作ろう!の旅」バスツアーが開催されました!バスガイドのあごうといいます。これからバスツアーの旅日記をここで綴っていきますので、どうぞよろしくお願いします。このバスツアーの開催地となる長野市中条は、昔ながらの暮らしや山深い里山の風景が残る素晴らしい地域です。近年では過疎化が進んでいるため、地域の活性化となるように、中条地区の良さを都会に住む様々な方に知っていただけるように企画したバスツアーです。今年は1年を通して豆から育てて味噌を仕込むワークショップ。第一回目は「手前味噌の種をまく」でした。最近は、都会でも味噌作りのワークショップなどありますが、種からまくなんてことはまずありません。そこからできるのは、田舎の醍醐味ですね!天候にも恵まれ、味噌作りの名人・とっても元気でアクティブな静子さん(80歳)に種植えを教えていただきながら、参加者のみなさんと種を植えました。種のまき方は、土に人差し指の第一関節くらいまでをさして穴をあけ、種を30cm等間隔に植えていきます。

    • READ MORE 詳しくはこちら